話題の検索:
トラックバック・ピープル/ビジネスと経済/SOHO(在宅ビジネス)
ネットワークビジネス(在宅ビジネス)
(トラックバック数:3857、ID:01505) ( 09月17日 11時17分 更新)



ネットワークビジネス関連の記事を書いたときにトラックバックしてください。 一緒に理想的なネットワークビジネス(チームづくり)を目指しましょう!
トラックバック先URL: 

3857件中  101120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

ネットワークビジネスで宣伝広告や在庫を排除し費用を削減 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
我々消費者にとって日常生活に欠かすことができない必需品と言えば、消耗品、例えば食料やシャンプー、石鹸、スキンケアなどなど様々であるが、これらの商品を製造しているメーカーはどのようにして我々消費者に販売しているのか。 商品の流れを下表にまとめてみた。 メーカーの宣伝広告戦略 ? 新聞や雑誌、テレビ等のメディアに広告を掲載 ・・・タレントや有名人によるイメージ戦略と商品の存在告知 ? 店頭キャンペーン ・・・商品の試供品、サンプルの配布 ? 上記の繰返し ・・・成分や効能よりもイメージを先行させ認知度を...  続きを読む
Date: 2013-02-06 18:59 ID: 21509619

ネットワークビジネスと従来の問屋構造の問題点 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ネットワークビジネスの利便性や合理性をお話する前に、従来の問屋構造の問題について触れなければ、「なぜネットワークビジネスなのか」と云うことが分かり難いのではないかと思う。 少し前から日本の流通機構のなかで、構造改革、規制緩和、価格破壊などの諸問題が取り上げられているが、消費の沈滞は長引き、企業は設備投資意欲が減退し業績不振の中で如何に利益を確保するかで頭を悩ませている。 あらゆる面でのコスト削減が施され、ムダを排し合理化・省力化、またリストラなどを徹底しているが、その効果は微々たるものでしかない。 ...  続きを読む
Date: 2013-02-06 18:32 ID: 21509580

ネットワークビジネスの選択と危険性 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ネットワークビジネスというと化粧品や健康食品をチマチマと小売するイメージがあるかも知れないが、実は最大限に個人の可能性を拡張させる要素がネットワークビジネスにはある。 個人の力量は小さなものであり、単独で大きな事をしようとしても実現できない事の方が多い。 しかし個人でも多くの仲間を増やしていくことで、現在の混迷の世の中を誰もが乗り切ることが出来るほどの絶大なパワーとなる。 組織を拡大させた分だけそれ相応の力を持つことが可能となってくるのである。 このシステムを活用しながら商品を媒体として仲間を増やし...  続きを読む
Date: 2013-02-06 18:32 ID: 21507787

ネットワークビジネスは非常識から常識に [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
今やハンバーガーを立ったまま食べていてもとがめる人はほとんどいないと思う。スーパーマーケットへも消費者はごく普通に買い物に出かける。 しかも年中無休で営業しているため、お盆や正月前に買い込みをする必要もなくなった。 コンビニは24時間営業のため、深夜にタバコがきれても直ぐに買いに行ける。 便利すぎるくらいに便利になった。 わたしが子供の頃はハンバーガーが普及するとは思えなかった。 日本は箸の文化があり、場所の不文律もあった。手づかみでしかも立ち食いなど「はしたない」と諸説粉々にいわれた。 スーパーマ...  続きを読む
Date: 2013-02-06 17:54 ID: 21509542

ネットワークビジネスと従来の販売方法 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
一般の流通システムでは消費者は店頭に並べられた商品を購入するために出向く、若しくは通販で購入する。 そして気に入った商品や店を友人知人若しくは家族に紹介しても、その商品のメーカーや販売店、販売員から得られる代償はないのが普通である。 あったとしても次回購入時の割引券かクーポン券くらいだ。 それが常識的なことであり当然の様に思われている。 しかし、ネットワークビジネスではこの常識を覆し、一定の条件やノルマを達成すると、それなりに報酬(インセンティブ)が得られる。 このシステムがネットワークビジネス最大...  続きを読む
Date: 2013-02-05 22:14 ID: 21507678

ネットワークビジネスの基本的な2つ要素 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ネットワークビジネスとは、商品を問屋や小売店など既存の流通構造を介して販売するのとは違い、その商品の愛用者が開拓した新たな愛用者にダイレクトに小売をするという、消費者参加型の販売、流通の仕組みであり、一体一の直接販売の総称の事である。 既存の一般的な流通の仕組みや就労形態とは全く異なり、受発注管理やメンバー管理、報酬プランや物流システムなど、最新のコンピューターシステムで管理し、コストをトコトン下げたビジネスモデルがネットワークビジネスの基本的なシステムである。 そして、ネットワークビジネスを構成す...  続きを読む
Date: 2013-02-04 20:09 ID: 21505210

ネットワークビジネスは21世紀型ビジネス [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
一般常識では「働く」と云うのは企業側の求人条件をクリアし採用され、会社の規則を守りながら与えられた仕事をこなすことである。 また、「モノを売る」のはメーカーが消費者に向けて宣伝し問屋を経由して販売先である店頭で販売するのが一般的である。 しかし、この常識をくつがえした「ネットワークビジネス」と呼ばれる流通システムが確実に普及している。 このビジネスに参加するためには学歴や資格、技能、資産、経験など必要とせず、老若男女も問わない。 ごく普通の人達がいつでも参加でき、努力次第では相応の経済的自立と成功を...  続きを読む
Date: 2013-02-04 20:09 ID: 21505158

グラント・イーワンズ、MLMでウォーターサーバー事業に参入 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
女性ファッション・ライフスタイル雑誌の「25ans (ヴァンサンカン) 」「VERY (ヴェリィ) 」にも掲載された体型補正下着「ララ・グラント」シリーズを主力商品に展開中のグラント・イーワンズ(Grant E One’s)が、新会社G‐コミニュニケーションズを設立し昨年12年11月からウォーターサーバー事業に参入した。 グラント・イーワンズは創業以来6期連続の2ケタ増収を達成し成長を続けていおり、12年9月期はグループ全体の売上は約62億円。 グラント・イーワンズ単体では49億5000...  続きを読む
Date: 2013-02-03 18:31 ID: 21502739

ネットワークビジネス売上高ランキング2013年 56〜78位 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
この調査は11年10月から12年9月期までの間に迎えた決算期を対象とし、月刊ネットワークビジネスと日本流通産業新聞によるMLM主宰企業の2013年の売上高ランキング調査に基づいて記載している。 上位20社の合計売上高は前年比0.4%増と前年比を上回る結果となり、売上高20〜74億円のMLM企業がひしめく21〜50位では11社が増収と中堅企業の成長が顕著である。 56〜78位では4社が減収となったが、ペレ・グレイスの前年比25%増の好調を筆頭にユニヴェール、ビー・エッチ・シーの3社が増収を達成している...  続きを読む
Date: 2013-02-03 18:31 ID: 21502242

ネットワークビジネス売上高ランキング2013年 21〜50位 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
この調査は11年10月から12年9月期までの間に迎えた決算期を対象とし、月刊ネットワークビジネスと日本流通産業新聞によるMLM主宰企業のランキング調査に基づいて記載している。 ネットワークビジネス業界2013年の売上高ランキングでは、上位20社の合計売上高は、5310億1300万円、前年比0.4%増となり、前年比を上回る結果となった。 では21位以降の動向は、というと前年のランキング調査から2社増加し中堅企業が増加傾向にあり、その内11社が前年の売上を上回っている。 21〜50位には売上高20億〜7...  続きを読む
Date: 2013-02-03 18:31 ID: 21501289

ネットワークビジネス売上高ランキング2013年上位20社 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ネットワークビジネス業界2013年の売上高ランキングでは、上位20社の合計売上高が前年比を上回る結果となった。 この調査は11年10月から12年9月期までの間に迎えた決算期を対象とし、月刊ネットワークビジネスと日本流通産業新聞によるランキング調査であるが、2013年の上位20社の合計売上高は、5310億1300万円、前年比0.4%増である。 20社中9社は減収となったものの、フォーデイズ、ベルセレージュ、モナヴィ−ジャパンの三社が増収を達成したほか、微収に留まったMLM主宰企業が多く合計売上高は前年...  続きを読む
Date: 2013-02-03 18:31 ID: 21501073

ライフバンテージ、外資系ネットワークビジネスの躍進!今年主流の報酬プランとは? [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ライフバンテージをはじめ、昨年2012年は新興外資系MLM企業の躍進が目立った年だった。 MLMのシステム会社によると今年も新規立ち上げの相談が増加しており、通販や卸事業などの他業種からネットワークビジネスへの参入を検討している企業が増えている。 ジェネシスピュア、アリックスジャパン、ジュネスグローバル、オルガノゴールドなどが今年正式開業を予定しているが、日本企業の新規参入も増え、競争は更に激化しそうだ。 ライフバンテージは科学者であるジョー・マッコード博士によって開発されたプロタンディムやトゥルー...  続きを読む
Date: 2013-02-01 15:09 ID: 21497215

アスリート相川信孝さん、ハーバーライフのネットワークビジネスで大成功 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
アスリートとして活躍しながらネットワークビジネスでも成功している著名人が最近増えている。学生時代にテニスで数々のタイトルを獲得した相川信孝さんもその一人。 相川信孝さんはテニスのコーチを始めたことで口コミの凄さを肌で感じたと云う。 プライベートレッスン形式で教えていたところ、テニスを学びたいジュニアや主婦の生徒が口コミでどんどん増えていき、相川さんには嬉しい悲鳴となった。 しかしそのおかげでコーチ業が多忙となり身体はボロボロ。 その後結婚し幸せな生活と引き換えに身体が太りだし、それにつれて体調も悪く...  続きを読む
Date: 2013-02-01 15:09 ID: 21495355

バイナリー方式 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
バイナリー方式では、何人直紹介者を出しても自分の1レベル目には2人しか付ける事ができない。 3人目以降は自分から2レベル以降の特定の位置に配置され、左右(レフトとライト)に振り分けられて組織構築されるシステム。 つまり2の倍数で組織図が構成されていくと云うことである。 これをスピルオーバーと呼び、コンピュータによって自動的に配置されるシステムをオートポジショニングと呼ぶのだが、オートポジショニングにも種類がある。これについては別の項で触れる事にしたいと思う。 このバイナリー方式は、1990年代、米国...  続きを読む
Date: 2013-01-30 16:43 ID: 21492773

ユニレベル方式 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ユニレベル方式は、今までお話してきたブレイクアウェイ方式と違いダウンラインが独立することがなく報酬計算も単純である。 伝えやすい、説明し易い、というメリットがある。 何人リクルートすれば何レベル先でいくらの収入になるか、という収入のシュミレーションが簡単にできるのがユニレベルの大きな魅力であり、組織が小規模でも商品愛用者が購入を続ける限りそれなりの収入を得ることができる。 ユニレベル方式は1990年代、US Sprintが採用し大きくシェアを伸ばした事で有名だが、ガン保険で有名なAflacがユニレベ...  続きを読む
Date: 2013-01-30 16:43 ID: 21488705

ハイブリッド方式 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ハイブリッド(hybrid)と聞くとハイブリットカーを思い浮かべるが、日本語訳では「混合」とか「混成」という意味を持つ。異なるものを混ぜ合わせたものであり、電気駆動とガソリン駆動の長所を上手く組み合わせて効率を高めたのがハイブリットカーである。 ネットワークビジネスの報酬プランで呼ばれているハイブリットも同様に、2つ以上の報酬プランを複合しコミッションの還元効率を高めるプランではあるが、複雑になり過ぎて敬遠されがちである。 収入のシュミレーションがやり難いためメンバーにしっかりと伝える事が困難であり...  続きを読む
Date: 2013-01-29 12:37 ID: 21490384

セブンアップ方式 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
ユニレベル方式は、「何人リクルートすればいくらの収入になるか」の収入計算が簡単であり、MLMの報酬プランをメンバーや愛用者に伝えやすいというメリットがある。 単純な仕組みであり一般の流通システムに似ているため理解しやすい。 通常、通販にせよ店舗にせよ商品を購入すれば出費のみであるが、MLMの場合は消費者が販売者となり、商品の良さを伝えて広めれば、購入した商品がタダになる。それどころか大きな収入にもなり個人がビジネスとして成り立つ。 購入するだけの出費に留まらないのがMLM方式の最大の特長を持つ特殊な...  続きを読む
Date: 2013-01-28 23:19 ID: 21489313

パスアップの一本伸びの問題 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
パスアップの場合、基準額が一定とするために以下の図の様なケースもある。 例1では総売上(PGSV)は1500万円に対してAの受取るパスアップボーナスは20万円。 例2では総売上(PGSV)は1200万円に対してAの受取るパスアップボーナスは30万円という計算なる。 この様にパスアップでは総売上に比例してパスアップボーナスも増えるとは限らない。B以降のダウンに大きな売上げであったとしても、Aに繰り上がる基準額は一定であることからこの様な計算となる。 これがパスアップの注意すべき性質なのだが、例えばダウ...  続きを読む
Date: 2013-01-27 19:54 ID: 21486674

パスアップ方式 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
「パスアップ」は「オーバーライド」と同じくブレークアウェイ以降の権利収入プログラムである。 オーバーライドは「レベルの制限」と「還元率」で払い出しの限度を設けているのに対して、パスアップにはコミッション対象の売り上げの下限設定がない。 オーバーライドは過払いを防ぐために払出しの限度をしているハズだったが、では何故払出し制限なしにパスアップは過払いにならないのだろうかとの疑問が沸く。 これには特殊な計算方法があり、一定の基準額を上位者に還元する方法である。 もう一度頭を整理すると、 オーバーライド=「...  続きを読む
Date: 2013-01-27 19:54 ID: 21486492

オーバーライド方式 [MLM・ネットワークビジネス研究社 から]
前項でオーバーライドについて少し触れたが、ブレークアウェイ後の収入を保証する報酬プランには、オーバーライドの他にパスアップという方式がある。 パスアップは外資系ではアムウェイ、国内ではウィンズインターナショナル、グリオ、スカイクリスタル、サイバーブレインなどの多くの企業が採用している。 ブレークアウェイ後、これらの代表プログラムがネットワークビジネス魅力でもある印税的権利収入を発生させる。 ステアステップで発生する収入と、ブレークアウェイ以降に発生する収入の特徴に違いがある。ステアステップで発生する...  続きを読む
Date: 2013-01-27 15:13 ID: 21485947

3857件中  101120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 前のページ 次のページ




「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード