話題の検索:
トラックバック・ピープル/政治/その他
経済制度(マクロ経済)
(トラックバック数:282、ID:02397) ( 10月01日 09時21分 更新)



経済は制度です、特にマクロ経済は制度理論(マクロ経済理論)に拠るナビゲーションが重要です。其れも、巨大で複雑な制度を望ましい方向に維持するには、公正無私でなければ歪が発生し無用の犠牲者が続発します。当然、「我欲」を正当化する為の神懸り等でなく!。
トラックバック先URL: 

282件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

オバマ大統領誕生は米国にどのような変革をもたらすのか [ハズレ社会人 から]
オツカレです。 まずは待ったなしの金融危機をどう舵取りをするのかに注目が集まる。 [ワシントン 5日 共同]財務長官に即戦力起用か 空白回避で早期指名へ  米大統領選が民主党候補のオバマ上院議員の勝利で決着したことを受け、新政権の経済閣僚人事が大きな焦点とな  続きを読む
Date: 2008-11-06 00:16 ID: 15893466

当せん金で借金返済…宝くじ殺人 [庶民の視点!億の細道 から]
2億円の宝くじに当せんした岩手県一関市の無職・吉田寿子さんが2005年に殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された元交際相手の朝日新聞配達員・熊谷甚一容疑者(51)が、当せん金の一部を自分の借金返済に充てていたことが23日、分かった。   続きを読む
Date: 2008-10-24 09:30 ID: 15820672

メラミン!? サイゼリヤのピザに混入 550店で提供 [庶民の視点!億の細道 から]
ファミレス大手の「サイゼリヤ」から衝撃の発表があった!は20日、関東、東北、北海道の547店舗で今月1、2日に客に出したピザの原料から、化学物質の メラミン が自主検査で検出されたと発表した。 中国製食品による一連のメラミン混入で、外食店のメニューへの混入が確認されたのは初めて。既に全量が消費されたが、濃度は微量の4.3ppmで、健康被害の報告はないというが、中国の食材は本当に信用できない。 いつだかTVで、「中国の春雨は、漂白剤で着色している」といった内容の特番をやっていたが、現  続きを読む
Date: 2008-10-21 16:13 ID: 15804500

消費税の上げはあるか? [庶民の視点!億の細道 から]
はたして消費税の上げはあるのか? 今はあんまり話題になりませんが、近い将来かならず この問題がクローズアップされる時期がきますよね。 日本の将来は消費税のUPがあるのでしょうか? 現在日本政府には、年間に入ってくるお金が約54兆円のあります。 それに比べて出て行くお金が約80兆円あると言われています。 ということは、なんとビックリ!毎年約25兆円前後の赤字となってしまいます! これは、年収が540万円の人が年間800万円を使ってしまうということなのです。 では、この  続きを読む
Date: 2008-10-20 20:53 ID: 15799933

「国際貢献を総選挙の争点に」? 「国際金融」の間違いじゃないか? [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
「国際貢献を総選挙の争点に」? 「国際金融」の間違いじゃないか?  続きを読む
Date: 2008-10-07 21:28 ID: 15726582

アメリカ国民の皆さん、ご心配なく その7000億ドル、支払うのは・・・・ [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
7000億ドル投じる米・金融安定化法案。下院で否決され修正法案が上院で可決された(時事通信)が、下院で可決されるかは依然微妙だ。何しろ米国民の多くが反対している。一部の富豪投資家がやった博打の肩代わりに、血税が使われたのではたまらないというわけだ。だが、米国..  続きを読む
Date: 2008-10-02 21:28 ID: 15697692

麻生首相 最初の仕事はNY・・・「裏」のにおい・・ [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
麻生首相 最初の仕事はNY・・・「裏」の臭い・・  続きを読む
Date: 2008-09-24 21:13 ID: 15650289

野村がリーマン・MUFGがモルガン 裏事情 [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
野村がリーマン・MUFGがモルガン 裏事情  続きを読む
Date: 2008-09-23 21:00 ID: 15644317

不良債権7000億ドル 払うのは日本? [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
リーマンショックは、やはりとんでもない方向に向かっている。 米政府が、2年間限定で最大7000億ドル(約75兆円)の公的資金を使い、不良資産を買い取る方針をまとめた(こちら)。 何とも、想像を絶する額だ。ところで、そんな金、どこから出るかというと「国債発行」な..  続きを読む
Date: 2008-09-22 20:48 ID: 15638439

超主観主義的近視眼的視野による「グローバル」経済と中国式共産革命 [酷腐論(こくふろん) から]
事故米問題で、中国からの輸入は停止するべきだ。米国産牛肉の危険性と比べて大差ない。 グローバル市場である世界経済における関係から日本の米を好む日本に対して米の輸入を求められそれに応じた。 不要なものを買うことを強制されることと市場原理、競争原理は矛盾し...  続きを読む
Date: 2008-09-13 16:57 ID: 15585903

与謝野に出馬を決意させた「昨年の教訓」(福田首相辞任の真相と総裁選の行方を探る:最終回) [途転の力学 から]
福田が辞任した直後の「9月2日」の時点では 明確に否定していたにも関わらず、 2日後の「9月4日」に一転して出馬を表明した 与謝野の行動には誰もが驚かされた。 それにも増してサプライズだったのが彼の「変節」ぶりだった。 出馬したとたん、頼まれもしないのに小泉を礼賛し、 麻生と敵対する姿勢を明確にしたのだ。  続きを読む
Date: 2008-09-11 23:05 ID: 15576477

意外な出馬の直後に見せた与謝野の「変節」(福田首相辞任の真相と総裁選の行方を探る:その5) [途転の力学 から]
昨年と同じ時期に行われることになった今回の総裁選は、 三つ巴の一角である野中陣営が早々と姿を消した。 しかし、もう一人のキングメーカーである小泉は違った。 「造反組」を入閣させた福田の裏切りに対する怨念は、 親分・森の反対を押し切ってでも、 独自候補擁立へと彼を駆り立てたのだ。  続きを読む
Date: 2008-09-09 23:49 ID: 15565064

「不都合な真実」がもたらした「本当の真実」(「Next石油時代」の主導権争いを読む:その6) [途転の力学 から]
ここ数年に渡る原油価格高騰の犯人は、 短期売買を繰り返す「投機筋」であると見なされていた。 しかし、価格変動の本質が示した事実は、 短期売買の繰り返しだけでは、トレンドは作れないというものだった。 トレンド形成のためには、「長期投資家」の存在が必要だった。 「投機筋」は真犯人ではなかったのだ。  続きを読む
Date: 2008-08-05 08:16 ID: 15372856

原油価格高騰の謎を解く【後編】(「Next石油時代」の主導権争いを読む:その5) [途転の力学 から]
今から去ること3年前、 ある一人のアナリストの大胆予測をきっかけに 原油先物市場は大相場を演じ始めた。 1バレル50ドルでも高かった原油価格は、 それからたった3年で3倍になった。 このアナリストの出処は、 「BRICSレポート」で中国を「ほめ殺し」にした、 あの米系投資銀行だったのだ。  続きを読む
Date: 2008-07-25 23:44 ID: 15304527

原油価格高騰の謎を解く【中編】(「Next石油時代」の主導権争いを読む:その4) [途転の力学 から]
世界の原油価格のベンチマークとなっている「WTI」という指標は、 生産量の多い「中東産」ではなく、 極々わずかしか取れない「米国産」の、しかも「先物」の値段だった。 この奇妙な現象がなぜ起こってしまったのか。 それは、「先物」という仕組みの存在に、 この謎を解くカギが隠されていたのだ。  続きを読む
Date: 2008-07-22 08:28 ID: 15279364

「冷房温度28度は能率低下」 温暖化対策の裏目がまた一つ [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
「冷房温度28度は能率低下」 温暖化対策の裏目がまた一つ  続きを読む
Date: 2008-07-20 02:18 ID: 15265873

原油高騰で漁師が全国的に一斉休漁するかも! [日本から世界民主主義化計画! から]
燃料価格の高騰による漁業の“窮状”を訴えるため、全国規模の漁業団体が今夏に一斉休漁を検討していることが分かった。休漁が長引けば?...  続きを読む
Date: 2008-07-14 19:28 ID: 15230817

原油価格高騰の謎を解く【前編】(「Next石油時代」の主導権争いを読む:その3) [途転の力学 から]
昨今の原油高を追い風に業績絶好調のエクソンモービル。 しかし、「もの言わぬ」大株主であったはずの 創業者・ロックフェラー一族は、 そんなエクソン経営陣に強烈な「ダメ出し」を放った。 この全く予想外の展開は、 早晩、時代の大きな「パラダイムシフト」が訪れることを 彼らが断言したことに他ならなかった。  続きを読む
Date: 2008-07-13 07:43 ID: 15220698

「石油時代」の終わりを告げる「大御所」の決意(「Next石油時代」の主導権争いを読む:その2) [途転の力学 から]
高止まりが続く原油価格への対策を協議するために 開かれたジッダ会合を主催したのは 消費国ではなく産油国のサウジだった。 これは、サウジ自身が今の状況に危機感を抱いていることを 示すものに他ならなかった。 では、サウジの危機感とは何だったのか。  続きを読む
Date: 2008-07-13 07:42 ID: 15220690

「Next石油時代」の主導権争いを読む(その1:ジッダ会合を主催した産油国サウジの危機感) [途転の力学 から]
中国を始めとする新興国の台頭は、 米国の相対的パワーバランスの低下をもたらしていた。 それは、ソ連崩壊以後20年あまりに渡って続いてきた 米国一極集中体制に変化の兆しが出てきたことを意味していた。 「多極化時代」の始まりだ。 多くの人々が時代の移り変わりを感じ始めていた。  続きを読む
Date: 2008-07-13 07:42 ID: 15220689

282件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード