話題の検索:
トラックバック・ピープル/政治/その他
経済制度(マクロ経済)
(トラックバック数:282、ID:02397) ( 10月01日 09時21分 更新)



経済は制度です、特にマクロ経済は制度理論(マクロ経済理論)に拠るナビゲーションが重要です。其れも、巨大で複雑な制度を望ましい方向に維持するには、公正無私でなければ歪が発生し無用の犠牲者が続発します。当然、「我欲」を正当化する為の神懸り等でなく!。
トラックバック先URL: 

282件中  161180件を表示) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

バイオ燃料が食糧危機の主要因? [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
バイオ燃料が食糧危機の主要因?  続きを読む
Date: 2008-07-04 22:52 ID: 15163916

日銀審議委員人事 まだそんな話やってたの? [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
日銀審議委員人事 まだそんな話やってたの? ある意味怖い・・・  続きを読む
Date: 2008-06-24 08:01 ID: 15089609

外国人投資家の株式保有比率減少 無視できないニュース [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
外国人投資家の株式保有比率減少 無視できないニュース  続きを読む
Date: 2008-06-19 00:19 ID: 15055725

消費税上げは愚策。経済成長肯定から現状を批判。 [禍転じず。。。 から]
消費税上げは不可避=福田首相、「大事な時期」−決断の必要強調 6月17日17時1分配信 時事通信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000098-jij-pol 「日本は世界有数の高齢化社会だ。その国が(消費税)5%でやっている。だからこれだけ財政赤字を背負っている。その辺のところを決断しないといけない。大事な時期だ」 世界有数の高齢化社会であることの根拠には、財源を豊富にした上で高齢者への福祉を充実したものにする必要性があるとともに  続きを読む
Date: 2008-06-17 19:54 ID: 15046742

五輪開催に向けて仕掛けられた中国包囲網?(続・多極化時代のパワーバランスを読む:その16) [途転の力学 から]
未曾有の被害をもたらした四川・チベット大地震。 中国の山奥深くで発生した地震にも関わらず、 何と米国は、中国当局よりもその内容を完璧に把握していた。 この驚愕の事実は、米国が中国の奥深くまでの潜入に 成功していることを示すものだった。  続きを読む
Date: 2008-06-01 08:44 ID: 14925181

アデランスに牙をむいた米投資ファンドの正体。 [日刊 鼠小僧 から]
 「ハゲタカ」と恐れられる海外投資ファンドの日本企業荒らしが本格化してきた。  かつら大手のアデランス(ホールディングス=本社・東京)の株主総会で、岡本孝善社長ら経営陣7人の再任が否決された。筆頭株主の米系投資ファンド、スティール・パートナーズが業績不振を理  続きを読む
Date: 2008-05-30 11:11 ID: 14910993

五輪開催に向けて仕掛けられた中国包囲網?(続・多極化時代のパワーバランスを読む:その14) [途転の力学 から]
2003年に発行された某投資銀行のレポートは 「中国が世界一の経済大国になる」 という最大級の賛辞を送るものであった。 しかし、「安定かつ持続的な」成長パターンを求める 中国政府にとって、そんな賛辞は余計なお世話でしかなかった。 そんなことをすれば、世界中から投資家が殺到し、 溢れるマネーがバブルを引き起こしてしまうからだ。  続きを読む
Date: 2008-05-26 23:08 ID: 14884254

新生銀行とあおぞら銀行の合併説の真贋!? [日刊 鼠小僧 から]
 金融界の一部で新生銀行とあおぞら銀行の合併説が流れている。  信憑性のほどはどうか。両行ともに、国民の血税7兆円をつぎ込んで一時、国有化された後に投資ファンドに売却されたいわくがある。  新生は破綻した日本長期信用銀行、あおぞらも共に破綻した日本債券信用  続きを読む
Date: 2008-05-26 11:12 ID: 14879715

五輪開催に向けて仕掛けられた中国包囲網?(続・多極化時代のパワーバランスを読む:その12) [途転の力学 から]
?小平から江沢民に変わった中国は やはり「中華思想」の野心に目覚めた。 この動きは米国にとっては想定通りのものだった。 しかし、一度放った制裁の「ムチ」は効果を発揮しなかった。 そして、万事休すかに見えた米国が出した手は、 何と一度拒否した五輪開催を容認することだったのだ。  続きを読む
Date: 2008-05-20 10:38 ID: 14835340

節約意識、高まる?! [トミーコケマツの徒然日記 から]
本日、羽田から千葉へ戻りました。 羽田から高速バスに乗りました。 通常、羽田から西船橋へ行きます。 そして、そこから東西線に乗り、最寄の駅へ行くのですが。 今回、たまたま西船橋駅へ行くバスがなく、葛西駅まで行って、そこから東西線へ乗ることにし....  続きを読む
Date: 2008-05-05 19:16 ID: 14729739

「格差社会は非正規雇用増加が原因」の論理にはウソがある [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
「格差社会は非正規雇用増加が原因」の論理にはウソがある  続きを読む
Date: 2008-04-27 22:16 ID: 14667801

日本が中国に強く出られないわけ [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
日本が中国に強く出られない理由・・・だが・・  続きを読む
Date: 2008-04-22 08:08 ID: 14623913

米大統領 食糧危機で緊急支援 日本は? [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
米大統領 食糧危機で緊急支援 日本は?  続きを読む
Date: 2008-04-15 22:49 ID: 14571476

日銀総裁人事 結局「間に合わせ」 [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
日銀総裁人事 結局「間に合わせ」  続きを読む
Date: 2008-04-05 00:20 ID: 14487848

責任のなすりつけ合いで日本経済はどうなる? [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
責任のなすりつけ合いで日本経済はどうなる? 日銀総裁人事 与野党攻防  続きを読む
Date: 2008-03-18 22:48 ID: 14338240

「正規雇用化」より、「見下し撤廃」が先! [政治とか経済とか社会とか・・・・ から]
「正規雇用化」より、「見下し撤廃」が先!  続きを読む
Date: 2008-03-11 21:31 ID: 14278106

外資に怯える必要が本当にあるのか(外資排斥論は本当に正しいのか:最終回) [途転の力学 から]
「規制」はそれによって保護される者の利益を守る という意味で「再配分機能」の役割を果たすものだった。 社会全体の効用を高めるという観点からは、 「再配分」つまり「政府の関与」は必要なのだが、 その担い手である「政治家・官僚」が全く信頼に足らず、 彼らに任せておくことができない状況が今の日本である。 これこそが根本的な問題点なのだ。  続きを読む
Date: 2008-03-06 12:55 ID: 14219043

根本的な問題はどこにあるのか?(外資排斥論は本当に正しいのか:その7) [途転の力学 から]
外資排斥論のウラにあるのは、 より自由な世界が実現したことによって台頭してきた 新興勢力に対する排斥感情であることがわかった。  続きを読む
Date: 2008-03-05 12:25 ID: 14203417

排斥感情のウラにあるものは何なのか(外資排斥論は本当に正しいのか:その6) [途転の力学 から]
これまで考察してきた「外資規制」の問題は、 規制そのものの是非を問う問題であり、 それは「日系」であろうが「外資」であろうが 同列で論じるべきものであるはずだし、 それでも外資に買収されるのを防ぎたいのであれば、 「そもそも上場しない」というのが合理的判断となる。  続きを読む
Date: 2008-03-04 13:04 ID: 14187527

「外資規制」は本当に正当化できるのか?(外資排斥論は本当に正しいのか:その5) [途転の力学 から]
株主価値を高めてくれる経営者を選択する「株主」にとっても、 最適なサービスを選択する「消費者」にとっても、 「外資規制」はその「選択の自由」を狭めることになるため、 望ましいものではないことがわかった。  続きを読む
Date: 2008-02-28 13:09 ID: 14104354

282件中  161180件を表示) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード