話題の検索:
トラックバック・ピープル/科学/その他
歴史〜 HISTORY 〜
(トラックバック数:2651、ID:00023) ( 10月10日 15時29分 更新)



歴史にまつわる話題、歴史を想起させる話題を書かれたらトラックバックお願いします。考古学などの話題もよろしく。
トラックバック先URL: 

2651件中  241260件を表示) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

平清盛感想「叔父を斬る」 [戦国カフェ から]
父と兄弟を目の前で斬られる、義朝の悲痛な叫びが耳に残る。日本の中世とは、350年ほど無かった死刑復活の時期であり、しかも公的な死罪となった。戦に負けた者が公的な罰として葬り去られる事を社会に示すこととなった。3年後の平治の乱では、今度は死刑を命じた信西がその標的になる。平家物語には、特有の世界観がある。平家物語の冒頭、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。奢れる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。」平家物語と  続きを読む
Date: 2012-06-11 20:03 ID: 20943848

平清盛感想「勝利の代償」 [戦国カフェ から]
保元の乱に勝利した後白河側が、上皇、頼長らの捜索を始める。崇徳上皇は行方をくらまし、数日後には僧になった弟、信法法親王を頼り京都仁和寺に逃げ込んでいる。しかし、信法法親王は兄・上皇の庇護を拒否し上皇は後白河方に捕まる。「頼長が、保元の乱当日矢を首に受けて重傷を負ったと言う情報」が後白河側に入るが、行方が分からず、頼長の父・忠実と縁がある寺院や家臣の屋敷を探索させている。合戦から10日経過した7月21日、頼長の母方の従兄弟で奈良興福寺の僧玄顕(げんげん)が朝廷に出頭し、頼長が既に死んでいることを語り始めたと  続きを読む
Date: 2012-06-06 21:12 ID: 20934608

ニソの杜から [不純文學交遊録  から]
若狭湾の大島半島にあるニソの杜(福井県大飯郡おおい町)。豊かな照葉樹が生い茂り、祭礼の日以外は足を踏み入れることを禁じられた聖なる杜です。 ニソの杜には、大島半島を開拓した24家の祖先が祀られています。ニソの語源には諸説ありますが、旧暦11月23日にこの地を祀…  続きを読む
Date: 2012-06-05 19:48 ID: 20932419

飛び加藤 [戦国カフェ から]
戦国時代に生きた凄腕の忍者に、”飛び加藤、本名・加藤段蔵”と言う人物がいる。幻術を良くし尋常ならぬ技を使うため、戦国武将から恐れられた。飛び加藤は、10日間だけ謙信公に仕えたことがあるという。今日は、その”飛び加藤とお屋形さま”のお話。ふたりとも凄くミステリアスだ。飛び加藤の話は、「明全記」「北越軍談」「甲陽軍艦」「近江與地志略」などの古文書に出て来る。江戸時代初めには、読み本「伽婢子・おとぎぼうこ」に書かれ小説化した。出身は、奈良県当麻の辺りとも、信州戸隠山が本拠地だとも、あるいは常  続きを読む
Date: 2012-06-01 10:49 ID: 20923702

飛鳥山公園 (東京都北区) 博物館編・静岡にもゆかりのある「渋沢資料館」 [おでかけたいむす から]
◎東京都◎ [渋沢栄一] ブログ村キーワード 飛鳥山公園にある3つの博物館、続いて「渋沢資料館」です 渋沢資料館では写真撮影が禁止されているため内部の写真はありません。 「渋沢資料館」は幕末から昭和初期まで活躍し日本の発展に大きな役割を果たした渋沢栄一の...  続きを読む
Date: 2012-05-30 22:16 ID: 20920690

平清盛感想「保元の乱」 [戦国カフェ から]
鳥羽院が死んで10日もしないうちに、保元の乱は起きている。戦況を追いたい。頼長の甥で政敵でもあった慈円が日記「愚管抄」に、義朝の「夜討ち」を記録している。義朝の進言で夜討ちが取り入れられすぐさま進軍することになった。義朝は子供の時東国に向かい、数々の戦を経験している。しかしそれは朝廷とは関係のない戦である。帝を担いでの戦となった、こたびの保元の乱に対する義朝の意気込みは相当な物である。不遇を一挙に挽回するチャンスであるからだ。「保元物語」には、”今までの個人的な戦の時は朝廷の威光を恐れ思うように振舞えなか  続きを読む
Date: 2012-05-28 15:50 ID: 20916175

世界史で王家の家系図を見ていて気づいたこと [同人作家の時事・歴史放談Blog から]
最近、王侯貴族の家系図を見ていて気づいたことがあります。 あくまで傾向としてですが、世界のどこの王家も王位の傍系相続 (前の王の子供ではなく、兄弟やおいなどが継ぐこと) ...  続きを読む
Date: 2012-05-28 01:41 ID: 20915198

平清盛感想「前夜の決断」 [戦国カフェ から]
1156年(保元元年)7月2日、鳥羽法皇が崩御した。父の死に駆けつけた崇徳上皇は追い返され、崇徳が頼長と呼応し謀反を企てているとの噂が流れる。御所に危険が及んだとして、源氏と平氏に禁中警護が申し付けられる。崇徳と頼長に、謀反の疑いありは本当か?これが何ともでっち上げの疑いが強い。では誰が。おそらくは信西である。信西は後白河の乳父である。鳥羽法皇は当初、後白河の子守仁親王を天皇に望んだ。後白河は中継ぎ的な天皇であり、その地位を絶対にするためには、ライバルである崇徳と頼長を追い落とし権力を誇示しておく必要  続きを読む
Date: 2012-05-24 18:38 ID: 20908494

平清盛感想「鳥羽院の遺言」 [戦国カフェ から]
亡くなった近衛帝を、頼長が呪詛していたと言う噂が立つ。頼長の日記「台記」の久寿3年7月27日に、この記述がある。頼長の家司(家政をつかさどる人)藤原親隆(ふじわらのちかたか)が呪詛の噂を語ったと言う。そして頼長自身も、既に家司・藤原成隆(ふじわらのなりたか)から同内容の噂を耳にしていた。朝廷内で流布していた噂であったようだ。近衛帝崩御後、巫女の口寄せで聞くには、「自分が眼病を患って死んだのは、先年誰かが自分を呪詛して愛宕山天公像の目に釘を打ったからだ。」と言う。鳥羽法皇が使者を遣わし調べさせたところ、その  続きを読む
Date: 2012-05-15 20:04 ID: 20890380

歴史で見る、東海地震と浜岡原発 [戦国カフェ から]
静岡県で浜岡原発稼動の是非を問う、県民投票署名が始まった。今日は、歴史的経緯を含めて東海地震や浜岡原発を考えてみたい。活断層の上に乗っかった浜岡原発に過酷事故が起きれば、晩発性障害も含め200万人近い人が死に、日本の半分が住めなくなるかもしれない。もはや安全優先か?経済優先か?などと悠長な議論の余地はない。この地域を揺るがす地震と言えば、なんと言っても東海地震である。1498年の明応地震について考えたい。これはいわゆる東海地震、東南海地震で、震源地は御前崎市沖である。まさに浜岡原発の地元。1498年8月8  続きを読む
Date: 2012-05-14 19:24 ID: 20888255

平清盛感想「誕生、後白河帝」 [戦国カフェ から]
近衛帝の死去し、鳥羽法皇を囲んで次の帝は誰が良いか話し合う。「いじめて来た崇徳上皇と仲直りし、共にまつりごとをしたい」と言う鳥羽法皇。「それでは鳥羽法皇による、まつりごとが出来ない」と、信西がさも鳥羽を思いやっているかのような進言をする。信西は後白河の乳夫(めのと)のため、後白河を天皇にしたい。信西が権力を握るために、後白河を”駒”と考えているのである。美福門院と藤原忠通(頼長兄)は、後白河の子で美福門院の養子になっていた守仁(もりひと)親王を推す。鳥羽法皇は、藤原忠実や頼長を信頼していたが、苛烈な頼  続きを読む
Date: 2012-05-08 19:37 ID: 20875391

古代越前の文字 [不純文學交遊録  から]
福井市立郷土歴史博物館の春季特別展「古代越前の文字」を観覧しました。 古墳に副葬された銘文入りの銅鏡、遺跡から出土した墨書土器、東大寺領の荘園を描いた絵図など、古代越前に関わる文字資料(一部、若狭、加賀もあり)を展示しています。 平成24年春季特別展 古…  続きを読む
Date: 2012-05-06 22:43 ID: 20871370

『ハプスブルク君主国 1765-1918』 [同人作家の時事・歴史放談Blog から]
ハプスブルク君主国 1765-1918?マリア=テレジアから第一次世界大戦までクチコミを見る GW前から少しずつ読んではいましたが、やっと読み終えました。 500ページを超える本で、しかも二 ...  続きを読む
Date: 2012-05-05 01:05 ID: 20867555

忍城とさきたま古墳群 [戦国カフェ から]
GW快晴の中、埼玉県の忍城とさきたま古墳群に行って来た。まず上が、天正2年(1574)謙信公が陣取った丸墓山古墳。直径105mの日本一大きい円墳である。階段がなかったら登るのは大変な傾斜だが、謙信公はこの古墳に登り忍城の様子を偵察したと言う。いづなは山歩きが好きだが、以前行った長野県善光寺裏の「謙信公物見の岩」と言う所もかなりの傾斜。謙信公は身軽な人だったに違いない。謙信公は、越後から三国街道を通って現在の埼玉県にある忍城を攻略しに来ている。北武蔵(埼玉県あたり)は、小田原の北条氏と覇権を争う前線地帯であ  続きを読む
Date: 2012-05-03 20:24 ID: 20864980

平清盛感想「平氏の棟梁」 &友切 [戦国カフェ から]
今週から、綺麗な清盛?冒頭家臣たちの前で、「平清盛である。」盛国「皆、存じております・・・。」に笑った。清盛の子弟が弓比べをしていたが、下手だった経盛は、敦盛の父になる人である。壇ノ浦で16〜17歳で亡くなり、織田信長が好んだ幸若舞「敦盛」のモデルである。清盛も未だ棟梁に成り得ていない。ご飯が足りないのはまずいよ〜時子。私は、この時子というキャラが好きである。失敗はいろいろあるが、明るく精神的に強く、先妻の子も分け隔てなく面倒見ている。歌が詠めない清盛、歴史上にも清盛の遺した和歌がほとんどない。1首くらい  続きを読む
Date: 2012-05-02 11:09 ID: 20861837

お屋形さまの太陽暦ご命日 [戦国カフェ から]
上杉謙信公、434回目の太陽暦ご命日です。 米沢の上杉神社では、例大祭が行われていますね。米沢が毎年桜で埋る頃、お屋形さまのご命日がめぐって来る。私も今まで何回も、桜の米沢を訪ねた。街が桜色に染まる中、御廟所への桜の差し掛かる道を行く。この桜の中にお屋形さまが今も眠っていると思うと、なんとも言えない感慨がこみ上げてくる。今日は、謙信公の御家訓をご紹介する。いつの世にも通じる言葉で、434年経った今もさらに価値を深めている。一、心に物なき時は心広く体泰なり   心中にわだかまり、たくらみがない時は心広く体が  続きを読む
Date: 2012-04-29 19:27 ID: 20856310

坂本龍馬 [俳句で覚える歴史年表−Super源さんの年表暗記 から]
1836年(天保6年、土佐郷士に生まれる。日本の近世末期に活動した武士。 脱藩したのち、倒幕および明治維新に影響を与えた幕末の志士。 諱は直陰(なおかげ)のちに直柔(なおなり)、通称は龍馬。他に才谷梅太郎(さいだにうめたろう)などの変名がある。 【暗記用俳句】…  続きを読む
Date: 2012-04-26 19:19 ID: 20849895

平清盛感想「さらば父上」 [戦国カフェ から]
藤原忠通の屋敷に、藤原の氏長者の象徴である朱器台盤を押収しに来る源為義。息子義朝に、責められながらも一族郎党を食わせるためにやっているんだ!と言う。分かり合いたいと願いながら確執を積み重ねていく為義・義朝親子は、保元の乱で敵味方に分かれてしまう。保元の乱の要因のひとつとなった忠通・頼長兄弟の争いだが、この朱器台盤押収事件が大きく後押しさせたことになる。父忠実と長男忠通は不仲で、父は次男頼長を溺愛して育てた。父忠実は、長男忠通に摂政の地位を頼長に譲るよう10回も言ったが、忠実は不服として拒否。それで父は、  続きを読む
Date: 2012-04-24 19:27 ID: 20845388

平清盛感想「嵐の中の一門」 [戦国カフェ から]
家盛を失い、一族の悲しみは深かったが清盛が平氏の棟梁の地位を確定させたのは確かだろう。自然に後継者争いを収めた平氏とは違い、摂関家の兄弟争いは混迷を深めていく。弟頼長の養女・多子(まさるこ)が、近衛帝(美福門院の子)に入内する。彼女は、頼長の妻幸子の姪である。続いて、兄忠通の養女呈子(ていし)が同じく近衛帝に入内。これは、予想以上に宮中に波紋を呼び、養女の入内争いから、まつりごとを掌握するための権力争いに発展していく。背景には、頼長と美福門院との対立関係がある。身分の高くない出の得子が成り上がり政権中枢に  続きを読む
Date: 2012-04-17 20:16 ID: 20829981

謙信公が越えた雪の三国峠 [戦国カフェ から]
上杉謙信公が13回通ったと言われる三国街道界隈を、今回訪ねることにした。昔は到底困難だと言われた”雪の三国峠”を、謙信公は越えたと言われている。それをほんのわずかながら歩いてみたい、と言うことで雪山ハイキングをして来た。東京は桜が終わったが、越後湯沢から近い三国街道あたりは積雪量1m。桜は5月中旬だそうだ。同行したのは、上級登山者の友人K子ちゃん。ちなみに上杉軍ではない。東京で計画は立てていたが、地元で危険の少ない経路を教えていただき、綿密に確認。幸い、熊はまだ寝ている。スノーシューを装着し、兵糧、サーモ  続きを読む
Date: 2012-04-16 19:08 ID: 20827657

2651件中  241260件を表示) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード