話題の検索:
トラックバック・ピープル/スポーツ、レジャー/アウトドア
カヤック(カヌー)
(トラックバック数:104、ID:06058) ( 05月16日 23時51分 更新)



カヤック(カヌー)やキャンプでの楽しみ方。カヌーツーリングレポート。アウトドアで楽器(三線・一五一会・ギターなど)を弾いて楽しんでいる人。新しい楽しみ方などなど教えてください!
トラックバック先URL: 

104件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

長野県安曇野市から大町市の木崎湖 [見えない障害と闘いながら から]
 長野県大町市居谷湿原へ到着したが、駐車場が満車なので、安曇野市で弁当を買い、付近の大町市の木崎湖めぐりで風景写真撮り楽しんだ。 長野県安曇野市を通過した様子。ここで ...  続きを読む
Date: 2016-05-16 23:51 ID: 23914470

ライディングポジション バイク [ライディングテクニック習得法 タシロセイジ 感想体験談 から]
ツーリングライダーズ代表 タシロセイジさんは、 日本全国を毎年1万km以上は走破するバイク歴20年以上の大ベテランではありますが、 元々は、バイク歴が10年以上もありながら8の字走行のみならず、コース内でのUターンすらまともに出来ない状態だったという、 へたっぴライダーのお手本のような状態でした。 そんな彼が警察主催の二輪車安全運転講習会がきっかけに見出したブレーキングのコツのおかげで、 みるみるうちにバイクの挙動を自分の手足のようにコントロールできるようになり、 1ヶ月くらいで↓のような悩みを解消...  続きを読む
Date: 2011-10-25 19:11 ID: 20428697

ライテク DVD動画 [ツーリングライダーズ タシロセイジ 感想評価 から]
自分の運転が下手なのは自覚しているものの、何をどこから治してよいのか見当がつかない状態だったとしても、 安定したライディングができるようになり、バイクと一体となったかのような操縦ができるよ...  続きを読む
Date: 2011-10-04 08:37 ID: 20371944

【カヌー】北本忍・4位で五輪出場枠獲得 3大会連続五輪代表入り [Olympic サテライト通信 から]
カヌーのスプリント世界選手権は21日、ハンガリーのセゲドで行われ、女子カヤックシングル200mで北本忍(富山県体協)が40秒730で4位となり、ロンドン五輪出場枠を獲得した。  続きを読む
Date: 2011-08-22 20:54 ID: 20257791

川で遊んできました。 [OgataJiro.com から]
人気ブログランキングへ最近、はまっているものそれはタジン鍋の野菜炒めです野菜の芯まで軟らかくなっておいし〜今日の日記です。昨日は、朝起きて凄く良い天気だったのでラフティ?....  続きを読む
Date: 2010-07-01 11:59 ID: 18932244

乗り換え不要というスタイル [サイクルロード 〜自転車という道 から]
自転車は、人力では最も効率のよい移動手段です。  続きを読む
Date: 2009-11-23 11:40 ID: 18013002

ユーコン川を下る・・・(13) [気分は放浪記 から]
キャンプ6日目最終日の朝、これまで同様夜はすっきり晴れているものの朝方になると雲が増えている。 川へと出ると徐々に東の空は明るくなってゆき、やがて雲を赤く染めていった。 PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8 もう少し右側が見られれば良かったのだがと思いつつ、こういう朝焼けの景色を見るのはこの日が始めてだったかもしれない。 いつものように支度を整えカヌーに荷物を積んでいく。 これが当たり前のようにこの数日繰り返してきたことであり、重い荷物を運んだり積み込んだりで楽しい  続きを読む
Date: 2009-10-17 11:30 ID: 17836062

ユーコン川を下る・・・(11) [気分は放浪記 から]
この日はカヌーで漕ぎ進む前に簡単なハイキングをしたため、川を下り始めた頃にはすでにお昼を回っていたと思われる。 そこへもって5日間の川下り中、最長の56kmを漕がなければいけないという一日であったのだ。 といっても個人的には距離のことはほとんど気にしていない。 アルゴンキンでのカヌーで、湖という静水でひたすら漕ぐ、さらにはカヌーや荷物を途中水路が繋がっていない場所では自分たちで担いでポーテージしなければいけないという経験をしているし、バックパックを担いで山の中を歩くときは、自分の足で歩かなけ  続きを読む
Date: 2009-10-10 12:41 ID: 17802441

ユーコン川を下る・・・(10) [気分は放浪記 から]
昨晩は早くに寝る事ができたので、朝はすっきり起きる事ができた。 テントから出て川の方へと降りていくと、今朝も川霧が出ており西の空には月がゆっくりと欠けながらも高く浮かんでいた。 PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8 朝食の前にまた早朝の清々しい空気の中、森の中を歩いてみる。 どこも美しい苔の緑に囲まれ、とても心落ち着く場所だ。 今朝の朝食はブルーベリー入りのパンケーキ。 このブルーベリーは、昨日の昼食時に自分達が採取したものなのだ。 昨日お昼を食べようと  続きを読む
Date: 2009-10-10 00:38 ID: 17800456

ユーコン川を下る・・・(9) [気分は放浪記 から]
霧の中を抜けると、そこには青空が広がっていた。 PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8 太陽の暖かい光を浴び、少し進むと見覚えのある場所に出る。 そう、そこは2年前の初日にキャンプをした場所に間違いなかった。 前回オーロラとカヌーを撮った写真、実際に目で見た光景よりも写真の方を良く目にしていたので、その場所から平がる風景が頭の中に残っていた。 水面から、「あぁ、この低潅木の間にカヌーを置いて撮ったなぁ」とか、「前方このスプルースが確かに左から右へ連なっていたなぁ」  続きを読む
Date: 2009-10-06 20:57 ID: 17783829

ユーコン川を下る・・・(8) [気分は放浪記 から]
キャンプ3日目の朝、テントから外に出てみると辺りは白い世界に包まれていた。 そこそこに朝が冷え込み、川の水温よりも気温が下がって川面には霧が発生しているのだ。 もともとこのユーコン川の水温は10度以下と低いということもあり、このような川霧が発生する状況は前回は1日しかなかったのだが、今回は初日から霧に包まれた朝となった。 PENTAX K-7+DA★ 16-50mm F2.8 まだ太陽が昇ってはいない時間帯ながらも、空は夜明けを過ぎ徐々に明るさをましていく。 川面から発生する霧に  続きを読む
Date: 2009-10-04 18:39 ID: 17773218

ユーコン川を下る・・・(7) [気分は放浪記 から]
到着した本日のキャンプ場、グレーリングが釣れるポイントという事で2年前にも上陸しており、ここでしばし釣りを楽しんだのであった。 今回もテントをたて夕食までの間は自由時間なので(といっても24時間自由時間なのだが)、フィッシングライセンスを購入したボス、らぐじ〜さん、かよちゃんは早速釣りをし始める。 今回フィッシングライセンスを購入しなかった自分は、小さいながらも奥へと続く深い森の中へ散策しにいく。 このあたりは非常に空気が乾燥しているのにもかかわらず、森は厚いコケに覆われ深くも美しい緑の世界を創  続きを読む
Date: 2009-10-03 20:49 ID: 17769189

ユーコン川を下る・・・(6) [気分は放浪記 から]
約2時間程ボートに揺られようやく到着したのがLower Laberge。 2年前はホワイトホースからここまで水上飛行機でひとっ飛びだったので、ようやくここからユーコン160kmの川旅のスタートとなるわけだ。 レイクラバージュから再び流れ出すユーコン川は,フータリンカでテスリン川と合流するまでの間、その長さから30 Mile Riverと呼ばれており、この区間は3,700kmにも及ぶユーコン川の中でも最も美しい景観を有すると言われている. 川の水はエメラルドグリーンというのだろうか、少し緑がか  続きを読む
Date: 2009-10-03 11:03 ID: 17766923

ユーコン川を下る・・・(5) [気分は放浪記 から]
本題に入る前に・・・。 このブログの右下のほうに、「gremz (グリムス)」というブログパーツをつけているのですが、この木がようやく大人の木へ成長しました。 今年の1月11日に発芽してから9ヶ月近くもかかっており、ずいぶんゆっくりな成長の木となりました。 大人の木になるとどうなるかというと、実際の森へ苗木が一本植樹されます。 このブログのおかげで、世界のどこかで木が一本育ってくれるなんて素敵な事です。 さて、本題に戻りますが、5回目にしてまだキャンプ2日目の朝。 ユーコン川本流に  続きを読む
Date: 2009-10-01 20:38 ID: 17759130

ユーコン川を下る・・・(4) [気分は放浪記 から]
初日の夜、オーロラを待ってみたものの見る事はできず、テントに戻り寝たのはおそらく2時近く。 翌朝は7時半朝食ということなので、少し早めに7時に目覚ましをかけておいた。 この時期の日の出は7時10分頃。 早朝特有の静けさと締まった空気感が好きで、ゆっくり寝ていたいところだが時計のアラームで起きるとそのまま湖畔に向かった。 昨夜はきれいに晴れていたのに、今朝は雲が多い朝となった。 ただその分冷え込みもなく、7〜8℃というところだろうか。 徐々に明るくなり始めた東の空と、雲を映す湖を一枚  続きを読む
Date: 2009-09-29 23:52 ID: 17749714

ユーコン川を下る・・・(3) [気分は放浪記 から]
しばらく月夜の下でパドリングをした後、さぁ戻ろうかというところで、岸の方向はわかるものの暗くてどこから一体出てきたのがはっきりとわからない。 これがもし1人であったならもっと慎重に確認しながら出ていったであろうが、夜の湖に漕ぎ出すのに浮かれてすっかりそんなこと気にしないでいた。 まぁ、大体あの辺だろうとあたりをつけて戻っていく。 もし違っていても岸沿いに進めば見つかるので、それほどたいした問題ではない。 ナイトパドルから戻ったのは、おそらく23時頃。 本来だったらもう暗いんだし寝よう  続きを読む
Date: 2009-09-27 19:06 ID: 17738136

ユーコン川を下る・・・(2) [気分は放浪記 から]
バンクーバーから2時間ちょっとのフライトの末、辿り着いたのがホワイトホース空港。 1日の離発着便が6便くらいしかない小さな空港で、知らない人同士がここで集合と言われてもたぶん問題無く落ち合えるようなところだ。 ここで今回のガイド役のTomoさんが出迎えてくれた。 本来ガイドは現地のカナダ人ガイドが受け持つのが通常らしいのだが、今回は突然のキャンセルなど色々あったようで、バンフ在住の日本人のTomoさんがガイドをしてくれる事になり、日本人6人グループで川下りする事となった。 車に乗って10分  続きを読む
Date: 2009-09-26 00:54 ID: 17730139

ユーコン川を下る・・・(1) [気分は放浪記 から]
昨日一日かけて写真の整理をし、まだ途中ではあるものの一段落してきましたので、ユーコン川の旅の話を書いて行こうと思います。 前回は伸びに伸びて最後まで書くのに年を越してしまったという前歴もありますので、気長に見ていってください(笑) 話は変わって本文に入る前に、一つご連絡を。 第7回AOZORA写真展【参加者募集のお知らせ】 2009年11月14(土)〜15(日) 代々木公園 並木道でAOZORA写真展が開催されます。 AOZORAとは、写真を通じて社会奉仕を行うプロ・アマのフ  続きを読む
Date: 2009-09-23 10:31 ID: 17715778

瀬の下見をする [FIELD & STREAM から]
久しぶりのカヌーでの川くだりを前に今日ははじめての川(由良川)で下見をしました。 カーナビ・地形図やロードマップを何度も見ながら、川...  続きを読む
Date: 2009-03-02 01:11 ID: 16555806

今年初めてのカヌーツアー [FIELD & STREAM から]
もうすぐ日置川へ遊びに行きます。 今回の宿泊先はバストイレ、ロフト、バルコニー付の結構豪華なおしゃれなコテージです。だいたい、行動パ...  続きを読む
Date: 2009-03-02 01:11 ID: 16555801

104件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード