話題の検索:
トラックバック・ピープル/スポーツ、レジャー/旅行
イタリア旅行に関するいろいろ
(トラックバック数:289、ID:07158) ( 04月03日 02時19分 更新)



イタリア旅行に関すること書いたら、トラックバックして下さい。安くて美味しいレストラン。安くて良い宿。日本人があまり行かない場所。やっぱりメジャーな観光地も良いよ。こんなことで困った。こんなことで嬉しかった。など、いろんな情報大募集。
トラックバック先URL: 

289件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

ヴェネツィアで食べる [イタリア情報トラックバック から]
水の都ヴェネツィア(Venezia)イタリアに興味がある人なら一度は訪れたい場所ではないでしょうか。 さて、そんなヴェネツィアなのですが安くて美味しいものを食べるのは結構難しいものです。 因みに名物料理をいくつか挙げますと PEOCI SALTAI(ペオーチ・サルターイ ):ムール貝を炒め蒸したもの CAPAOZZOLI SALTAI(カパオッソリ・サルターイ):アサリを炒め蒸したもの SPAGHETTI ALLE SEPPIE NERE(スパゲッティ・アッレ・セッピエ・ネーレ  続きを読む
Date: 2007-06-18 00:17 ID: 7327463

ドゥオーモ(Duomo) [イタリア情報トラックバック から]
サンタ・マリア・デル・フィオーレ(Santa Maria del Fiore)、白、緑、ピンクの色大理石が使われています。 ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つから成り、ゴシック建築および初期のルネサンス建築を代表する建物です。 1296年からアルノルフォ・ディ・カンビオが設計し建設が始められますが、3年後に彼が死に工事は中断、20年後にようやくジョットの指揮の下建設が再開されますが、彼もまた3年後に死去、その後様々な指揮官の下工事が進められ、最後に最も建設が困難で  続きを読む
Date: 2007-06-17 23:45 ID: 7326651

パヴィア(Pavia) [イタリア情報トラックバック から]
パヴィア(Pavia)は、古くから栄えたロンバルディア州の街です。 そして、ボローニャ大学と並ぶ歴史のあるパヴィア大学を有することでも名を知られています。 また、屋根付きのコペルト橋、ロマネスク様式のサン・ミケーレ教会、ヴィスコンティ城等の建築物も大変貴重な建築物です。 市内からは少し離れますが、ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(Gian Galeazzo Visconti)の命により、1396年に建設が始められ、1473年に聖堂が完成したパヴィア修道院(Certosa di Pavia  続きを読む
Date: 2007-06-14 00:53 ID: 7197006

ベルガモ(Bergamo) [イタリア情報トラックバック から]
ベルガモ(Bergamo)ロンバルディア州の街で、街は大きく2つに分けることが出来ます。 旧市街の有るのがベルガモ・アルタと、FSの駅がある新市街のがベルガモ・バッサです。 ベルガモ・アルタの見所は、ヴェッキア広場Piazza Veccchia周辺では、旧市庁舎のラジョーネ宮殿Palazzo della Ragione。 すぐ近くのドゥオーモ広場Piazza DuomoのドゥオーモDuomo、サンタ・マリア・マッジョーレ教会Basilica di S. Maria Maggiore。   続きを読む
Date: 2007-06-14 00:38 ID: 7196569

レッコ(Lecco)駅 [イタリアの車窓 から]
ミラノの北約50キロに位置するレッコ(Lecco)。 乗り換え無しの電車1本で行けます。 所要時間は45〜60分くらい。 電車が遅れるのはイタリアの愛嬌ということで。(笑) レッコ駅ホーム レッコ駅電光掲示板 レッコ駅外観...  続きを読む
Date: 2007-06-06 22:05 ID: 7006802

コモ(Como) [イタリア情報トラックバック から]
コモ(Como)ロンバルディア州の街で、レッコと同じく北部湖水地方の街の1つです。 レッコとは漢字の人型でいうと、ちょうど反対側の底辺部分に当たります。 レッコよりもコモの方が華やかさがあるかなーと個人的には思っています。 そんなコモについての記事を書いたらトラックバックして下さい。   続きを読む
Date: 2007-06-06 20:33 ID: 7004977

レッコ(Lecco) [イタリア情報トラックバック から]
レッコ(Lecco)ロンバルディア州の街で、北部湖水地方の1つです。 レッコ(Lecco)は、漢字の人型によく似た形の湖の一角であるレッコ湖に面していて、 夏の避暑地として知られています。 そんなレッコの記事を書いたらトラックバックして下さい。   続きを読む
Date: 2007-06-06 20:23 ID: 7004777

ヴェネチア土産、何にしよ? [イタリア留学絵日記 〜すべての道はローマに通じるのか?!〜 から]
ヴェネチアに行ったらまず考えるのがヴェネチアングラス。 ヴェネチアンと言うよりも、ムラーノ(Murano)と言った方が良いのかも知れない。 ムラーノはヴェネチアにある小さな島の名前。 ここがこの有名なガラスの一大生産地なわけだ。 (写真提供:グロリアーザさん) 実際、ヴェネチアのショッピングストリートにはヴェネチアングラスでできたお土産がたくさん並んでる。 小さい小物から、大きなシャンデリアまで、色とりどりに輝いてる!!! それを見て歩くだけでも楽しいんだけど、や  続きを読む
Date: 2007-05-31 11:38 ID: 6797063

ブライスとイタリア☆ローマ・2 [★Colorful eyes★ から]
さて、ご飯食べて、明日の支度です。 いよいよ最終日、集合時間の17:30まで、自由時間だ〜 さて、どこにいこうかなぁ〜?とカバンの整理・・・ 事件発生!!! あれ・・・?ない・・・?ない・・・? ・・・・・・おパンティーがいなーーーーい!!!![:びっくり:][:びっくり:][:びっくり:] カバンをひっくり返しても、ジャケットのポッケにもいない。 ポケット入れてて落とした?それともスリにすられた?(すらないか) むきゃー!!どうしようーー!![:冷や汗:] ひーん!!お気に入り  続きを読む
Date: 2007-05-28 10:18 ID: 6665247

ブライスとイタリア☆ローマ・1 [★Colorful eyes★ から]
バチカン市国を出国。いよいよ憧れのローマの街へ!! やっぱりあれをやらねばー!!! 真実の口です。 映画『ローマの休日』で有名になったこの真実の口。 元はマンホールのふただったんだってね! どきどきキューちゃん。 「ここここ、ここ?」 ちがうよ!そこは目! 「ここここ、こう?」 そう!それだよー!! いいよキューちゃんかわいいよー[:ラブ:]  続きを読む
Date: 2007-05-26 01:41 ID: 6555217

ブライスとイタリア☆バチカン市国 [★Colorful eyes★ から]
いやー予想外に長くなっちゃってすみません。 いよいよ最後の二日間のお話。 ローマにやってきました。 添乗員さんにしていただいた説明の覚えてる部分と うろ覚えのところは調べたりして書いてますが 間違ってたらごめんなさい〜 まずはバチカン市国へ向かいました。 キリスト教総本山のバチカン市国は、ローマの中にあってローマじゃない。 世界一小さいけれど立派な国です。でも日比谷公園の3倍だって。狭! でもパスポートはいらないんだよー。 人口は約1000人だけどバチカン生まれの人はいない  続きを読む
Date: 2007-05-25 10:04 ID: 6518641

ブライスとイタリア☆ポンペイ遺跡 [★Colorful eyes★ から]
ポンペイ遺跡です! ヴェスヴィオ火山の噴火によって、 発生した毒ガスで人は滅び、火山灰に埋まってしまったというこの街。 まだまだ一部しか発掘されていないそうな。 かといって途方も無い広さ、 全部周ると何時間かかるかわからないのでほんの一部だけ周りました。 行かれる方、日陰が少ないので日傘や帽子、サングラスを持っていくといいかも。 足元は履きなれたスニーカーでね。 ミュール履いてスカートのオシャレした日本人の女の子見かけたよ・・・ 大変だろうなー。 でもいい天気でよかった〜!  続きを読む
Date: 2007-05-24 09:28 ID: 6471050

路地探検、ヴェネチア。 [イタリア留学絵日記 〜すべての道はローマに通じるのか?!〜 から]
ヴェネチアは運河と水路がとても有名。 だけど、歩く方[:ジョギング:]もこれまた楽し。 ↑工事するのも一苦労だろうなぁ。 ↑素敵な中庭もたくさん! ↑ここは中庭がギャラリーになってる。 細い細い路地を歩いていると、突然目の前に広場(Campo)が現れたり。 歩くだけ歩いたけど、行き止まりだったり。 一番多い台詞は「あれ?ここさっき通ったじゃん?」 もしくは、「さっきの店にもう一度行きたいんだけど、もうどこにあったか判んないや…(-д-)」って  続きを読む
Date: 2007-05-24 08:29 ID: 6468807

ブライスとイタリア☆カプリ島・3 [★Colorful eyes★ から]
次の日の朝、目覚める。 曇りで風が強い。がびーん。木がわさわさ揺れていた。 「雲よ去れ〜!」 皆に笑われつつ、晴れ乞い踊りをする私。 す、すると! ミラクルがぁぁ!! 雲が流れて青い空が見えてきたじゃないですか!!! でもまあやはり、添乗員さんから 「ごめんなさい。今日も青の洞窟閉まっているそうです」 との悲しいお知らせ。 しかし添乗員さん、「せめて青の洞窟の入り口で写真とりませんか?」って提案してくれた。 本当は海からボートに乗ってゆられてゲロゲロはきながら その上で  続きを読む
Date: 2007-05-23 09:54 ID: 6432204

ブライスとイタリア☆カプリ島・2 [★Colorful eyes★ から]
ホテルへ。 すごくかわいかったから、 色んなところで写真とっちゃった!! あ、玄関撮ってない。 これは玄関の上んとこ。   続きを読む
Date: 2007-05-22 09:53 ID: 6384021

ブライスとイタリア☆カプリ島・1 [★Colorful eyes★ から]
いよいよこの旅行のハイライト、カプリ島に到着!!! 熱海じゃありませんよ、これ! カプリ島ですよ! その証拠に・・・拡大! ほらこの「すべりやすい」標識!! 日本なら左右の轍が交差しているというありえない轍ですが (→参照http://www.seito-g.co.jp/hyoushiki/keikai.htm) まともです! (ってかこれが「すべりやすい」の標識かは疑問。) 多少天気は回復してきたけどやはり青の洞窟は閉鎖・・・。 明日の午前中に賭ける事にしまし  続きを読む
Date: 2007-05-21 14:52 ID: 6346693

ブライスとイタリア☆フィレンツェ [★Colorful eyes★ から]
フィレンツェにやってきました〜 ヴェネツィアが水の都なら、フィレンツェは花の都[:おはな:] ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオ?レ大聖堂) フィレンツェのドゥオモもとってもステキでした。 クーポラ 400段の階段を上って観る街並みがとても綺麗らしいけど ヒザが悪いので上らなかった・・・(ばーさんかよ) 『冷静と情熱のあいだ』に出てたらしいけど観てない。 向かって右のがジオットの鐘楼。   続きを読む
Date: 2007-05-18 10:18 ID: 6231496

ブライスとイタリア☆ヴェネツィア・2 [★Colorful eyes★ から]
ヴェネチアとかヴェネツィアとかベネチアとか ベニスとかヴェニス(←英語)とか呼び方がありますが 多分自分統一できてない。 ちょっとかっこつけてヴェネツィアと書いてみる。 イタリア語ってツィとかツェとか促音多くて、発音しにくいぜ。 ヴェネツィアは迷路のような小道が沢山で、 添乗員さんが居ないと迷うだろうな〜(>_  続きを読む
Date: 2007-05-16 11:20 ID: 6146252

ブライスとイタリア☆ベネツィア・1 [★Colorful eyes★ から]
ブライスとイタリア☆ヴェネツィア いよいよ水の都・ヴェネツィアへ! 船にのってブーン!風が気持ちいいです。 「うほほ〜い」 あぶないぞ、キューちゃん!  続きを読む
Date: 2007-05-15 13:14 ID: 6119202

特ダネ!! ヴェネチアで妖精を目撃?! [イタリア留学絵日記 〜すべての道はローマに通じるのか?!〜 から]
友人Nとヴェネチアに旅行した時、ヴェネチアに着いたのは夜の10時過ぎ。 ヘロヘロになってサンタ・ルチア駅からヴァポレットに乗って、サン・マルコ広場へ。 あたりは人通りも明かりも少ない。 そんな時に、広場からホテルまでの道は複雑を極めた。 細〜い細〜い路地を歩き、いくつか小さな橋を越えて…。 行き止まり??と思ったら、そこは曲がり角で、さらに奥に細い道が続いている。 そういう道順を私がスイスイ、一回も迷わずに歩くもんだから、疲れて意識が朦朧としていた友人は、 「私の  続きを読む
Date: 2007-05-14 14:14 ID: 6089710

289件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード