話題の検索:
トラックバック・ピープル/ホビー/写真
オリンパスOM
(トラックバック数:2076、ID:07493) ( 07月01日 22時34分 更新)



OLYMPUS製の一眼レフカメラOMシリーズで撮った写真をエントリーしたらトラックバックしてください。OM以外のカメラにOMマウントのズイコーレンズを付けて撮った写真でもOKです。
トラックバック先URL: 

2076件中  121140件を表示) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

愛してるのに…。 [猫はなんでも教えてくれる。 から]
愛してるのに…。  続きを読む
Date: 2012-05-20 23:49 ID: 20900485

散り収め [鞄の中身 から]
ソメイヨシノは10日ほど前にほぼ終りましたが、枝垂、八重などはまだ盛りの個体が少なくありません。 サクラ並木に沿うように多くの花弁が地に散り、舞っているのに出会すと「やっぱり並木には花弁も多いなぁ」と当り前のことを思います。 ただこの当り前も、地に落ち、舞う花弁はそのすぐ上の樹からのモノが殆どであり、それぞれが繋がっていることに気付きます。 簡単に風で飛ばされるような花弁ですが、遠くまで飛ばされるのはさほどもなく、大抵はヒラヒラと樹下に落ち、そこで漂うということです。 それを意識して見ると、1本の  続きを読む
Date: 2012-04-24 20:41 ID: 20845511

ファンというわけでもないのですが‥ [鞄の中身 から]
‥木村多江さんの声がなんともいいなぁ、とつくづく。 例えば、彼女が「‥けれど」という時、その語感に合った声と調子が心地良く耳に沁み入ります。 日曜と月曜の狭間というべく、丑三つ時‥通例、私が2度目のレム睡眠に入る夢現の頃合に放送されるFMラジオ放送『Sound Libraty〜世界にひとつだけの本』を毎週のように愛聴しています。 三十代終盤に差し掛かった月原加奈子というOLを主人公に、そのさり気ない日常の回想が(ほぼ)一回キリのストーリーで描かれる凡そ30分の番組です。 ストーリーの朗読をつとめて  続きを読む
Date: 2012-04-16 00:13 ID: 20826189

遙かなる“お手本” [鞄の中身 から]
写真家・松田二三男氏の命日です。 来年が没後10年となります。 氏は私が独り勝手に師匠のように見つめた写真家です。 写真界の重鎮の1人でしたが、作家としての発表よりも、むしろ後進育成につとめたことでよく知られたといえるでしょう。 とにかく写真巧者、そしてあまりに写真とカメラを愛した人となりがうかがえます。OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f5.6 Auto Kodak ProFoto XL100写真を撮るようになってからの年月が人生の半分を超えて以来、かれこれ10年になります。 直接人  続きを読む
Date: 2012-04-15 09:28 ID: 20824676

役立つ民意 [鞄の中身 から]
「地元の理解を得るために努力し、最終的には政府判断で」なんて書き方(オウム返し)を新聞は当り前のようにします。 しかしこれは、まともに文面だけを見ていては真意の伝わらない、いわゆる官僚的なことばの好例かと。 日頃謳ってる「分りやすく」は、紙面の字を大きくしたり、図版やカラーを増やことだけではないはずなのですが‥。 どうして「地元の意見を聞くふりはするが、政府の方針は不変だ」と書かないのでしょうか。OM-2N/ Zuiko28mm 1:2.0f8 Auto -0.7EV Kodak ProFoto X  続きを読む
Date: 2012-04-14 13:04 ID: 20822974

急転直上 [鞄の中身 から]
待ったなしの気温上昇。 浮かれる世間様とは逆に、ぼやける視界にふと死の兆しを見ます。 何時ものように不平を垂れたくもなるけれど、昼間の陽差しと影を見てから思わず天を仰げば、有無をいわせぬような陽の位置に、まるで叱られたような気になっては項垂れるしかありません。 とても早いヒナゲシ1号に出会した時、「シシカバブー」と叫ぶニコイチの暑苦しい声が不快に響いていました。OM-3Ti/ ZuikoMacro50mm 1:2.0f4 1/1000 Kodak ColorPlus 200OM-3Ti/ Zuiko  続きを読む
Date: 2012-04-11 19:20 ID: 20817258

望遠怖い‥ [鞄の中身 から]
「カメラ2台にレンズ2本」程度なら日常的装備と思える私でも、200mmの望遠レンズを持ち出すのには相応の心構えが必要となります。 私にとっての135mm超の長焦点レンズは、限られた用途にのみ用いる特別な道具となるからです。 撮影を趣味にする人なら、今や200mm(“相当”を付すべきか?)は、なんてことない普通の望遠域でしょう。 いや、既に私が写真を始めた頃でも、標準レンズ付の一眼レフに<70-210mm>程度の3倍ズームを併せて購入する人は珍しくなかったものです。 当時から約30年を経た現状を正確  続きを読む
Date: 2012-04-10 20:00 ID: 20815269

沈鬱 [鞄の中身 から]
モヤモヤ、モワモワというべく空気感の悪さが私を沈鬱へと追い込みます。 猫は嬉しそうですが、犬はどうなのでしょうか。 「近頃猫の写真が多い」とはよくいわれます。 確かに自覚するところでもあります。 でも、ほんとうは根っからの「犬派・犬好き」なのです。 彼らに遭遇した時には、15度なんて気怠い日の道すがらでも目尻は少しは下がっていると思います。PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8f4 1/250 Kodak ProFoto XL100PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8f5.  続きを読む
Date: 2012-03-22 21:40 ID: 20774159

望み通りの“結果” [鞄の中身 から]
写真というモノが西洋絵画とさほど違わない時期にもたらされたせいでしょうか、わが国では絵を見て「写真のような」といういい方をよくするようです。 しかし、印象派以前、即ち写真誕生以前からある西洋の伝統的リアリズムに基づく絵画に対しての印象となると、明らかにおかしいいい表し方だといわなければなりません。 一方、このいい方がスーパー(ハイパー)・リアリズム、はたまたフォト・リアリズムといった絵画に対してなされるのならごく自然なこととなります。 M2さんがザワザワするお気持を吐露されているのを拝読して、似たよ  続きを読む
Date: 2012-03-20 19:47 ID: 20769508

リアルタイムに絵空事 [鞄の中身 から]
政治屋の見(聞き)苦しい答弁みたいなものに行き当たりました。 かつて<E-410>を構えて気色の悪い笑みを浮かべていた人によるようですね。 基礎のない電器屋の朱に交わって赤くなった蒼は、尻馬に乗って一眼ということばを不当に使うようになり、今度はこれかと。 「物事がいったん悪い方向に落ち始めると、あとはなし崩し的に落ち続けるばかり」ということの好例として愉しく拝読しました。 ただ、愉しめはしても、誇大な宣伝という点では如何なものかと。PEN-F/ F.Zuiko38mm 1:1.8f2.8 1/50  続きを読む
Date: 2012-03-18 10:40 ID: 20764572

フィルムを月に1本使うの会:月例12.02&テーマ=廃棄物 [鞄の中身 から]
このたびのお題、「廃棄物」といういい方に、出題者のお心や如何に…としばし考えた次第です。 ことばの語感そのものには、なんだか堅苦しく大仰な感を受けた私ですが、頭に「放射性」をくっつけて考えたわけではありません。 もちろん、広義には「ゴミ」「クズ」というより身近なことばに置き換えることも可能でしょう。 つまり、物体としては多岐に及び、物質としては無機物、有機物(=食品に代表される生ゴミ、紙屑)ともに包含することになります。 いずれにしろ、主題としては今日の遍く人にとって実に日常的であることは確かです  続きを読む
Date: 2012-03-17 23:33 ID: 20763877

エヴァンジュリスト宣言 [鞄の中身 から]
一般の人には、「Kodakがカラーポジフィルムから撤退」といったところで、1月の下旬に駆け巡った破綻のニュースとは比較にならぬ些末なことでしかないのでしょう。 フィルムの存続に関する文化的大事よりも、一企業の盛衰といったより些細な経済事情の方がニュースになるからかと思われます。 とはいうものの、マスプロダクトであるからこそカメラもフィルムも手に入り、使えるという現実が歯痒いまでに身に沁みるばかりです。OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f4 Auto +1EV Kodak ProFoto XL  続きを読む
Date: 2012-03-09 20:18 ID: 20746659

The End of... [鞄の中身 から]
東の方では雪が降っている、否、広島でも降ったという話なのに、どうしてここだけ避けられるのでしょうか。 あろうことか、気温14度だなんて‥。 各地の雪を一手引き受けてもいいような気持でいるのに、これではむしろ嫌がらせです。 前回いったことが戯言にすらならないような、2月のオマケの日となってしまったようです。OM-2N/ ZuikoMacro50mm 1:2.0開放 1/15 Kodak ProFoto XL100  続きを読む
Date: 2012-02-29 20:13 ID: 20727827

-5,184,000 sec. [鞄の中身 から]
天候不順の日が多いこの頃、まさに春先という感ですが、「一雨ごとに気温が上がる」とはなっていないところにまだ救いがあります。 カレンダーでは「冬」となる今月も、とうとう今日でおしまい‥のはずが、今年は1日のオマケ付。 ただ、わずかでも得をしたような気分を味わうよりも、名残を惜しみつつ怖れの念を膨らませる日となりそうですが‥。 ザッと2ヶ月ほど前に戻って欲しいなどと幼稚な願いを呟きながら、あまり影のない薄曇りの中を歩くばかりです。OM-2N/ ZuikoMacro50mm 1:2.0f4 Auto Ko  続きを読む
Date: 2012-02-28 19:57 ID: 20725407

昔話 [鞄の中身 から]
ふと我に返り、自身が「昔話をしているな」と感じました。 過去が刻々と厚みを増している限り、確かに「昔話」の類も増える一方だといえるでしょう。 ただ、十年一昔とはいっても、その程度では、なかなか「昔話」ともならないものです。 「俺もそんな歳になったのか‥」と、相応の年齢を重ねたことを思わずにはいられませんでした。OM-1N/ Zuiko28mm 1:2.0f5.6 1/125 Kodak ProFoto XL100OM-1N/ Zuiko28mm 1:2.0f4 1/125 Kodak ProFoto  続きを読む
Date: 2012-02-24 21:59 ID: 20717554

遅ればせながら‥ [鞄の中身 から]
「せいぜい<OM10>を不細工にした程度」といったとおりの風情だったガチャポン2号改め<E-M5>を先週送られてきたカタログにて確認しました。 その醜さの半分程度を担っていると思しき背面液晶は、恰も今となっては全く有り難くない<OM10QD>のデーターバックのようです。 まぁ、未だにこれに本気でOMをなぞらうなんて人は、近頃のZuikoDigitalよろしく眼が歪んでいるに違いありません。 否、全く違うということを感覚的に捉えていても、ついつい比較してしまうのは、文字が示す意味と論理を理解しようとす  続きを読む
Date: 2012-02-23 19:16 ID: 20715038

フィルムを月に1本使うの会:12.01テーマ=始まり [鞄の中身 から]
今回の出題は、1月に因むものでしょうか。 「終わり」の方がどんどん近付いてきている身としては、「始まり」を意識することもどんどん減っているように思います。 それでも、日々には必ずそれぞれの「終わり」と「始まり」があるように、万事における「終わり」と「始まり」に面する頻度そのものが年齢によって大きく変わるものとは思えません。 要は「始まり」に対する初々しさの気持がだんだん薄れてくるだけのことかと。毎朝起きて一番に陽の昇る方を眺めるのは、ただせめて一日の始まりは自身の尺度で意識したいからかも知れません。  続きを読む
Date: 2012-02-22 20:37 ID: 20713047

減退 [鞄の中身 から]
アッという間に逃げる2月。 否応なしのあと1週間が過ぎる中、今年の余分1日はより長いものに感じるのかもしれません。 いずれにしろ、精神状態がどんどん下降していくのをどうにも抑えられず、なんとかせねばと焦れば焦るほど動きが取れなくなっていくようです。 余りに凡夫たる我が身では、なすがままという境地には程遠く、かといって何かを恃むほどに謙虚さもなく‥OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f5.6 Auto Kodak ProFoto XL100OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f8 Au  続きを読む
Date: 2012-02-21 20:49 ID: 20710901

逆説 [鞄の中身 から]
これだけ長い間写真を撮っていると、結果を待つまでもなく大凡が分るようになるものです。 よって、どんなに魅力的な対象を見付けても、光線や背景の状態が優れない場合には、諦めてしまうことも珍しくはありません。 要するに「何が写っているか」「何を撮るか」というよりも「自身が好む写真としての在り方」が常に先に頭の中を占めているということになります。 ヒトサマの写真も、そんな判断で見ていることが多いようです。 ま、これは自身が写真というモノを勝手に限定しているだけのことであり、何らかの正当さを論じるものでもな  続きを読む
Date: 2012-02-20 12:00 ID: 20707611

花は黙って見ている [鞄の中身 から]
その視線にふと季節を感じることもあります。 そんな時にはソッとカメラを向けざるを得ないような気になります。 「柄にもない」と照れなければならないのは、大抵が往来であること以上に、平素は光や影があっての素材でしかないような扱いをしてしまっているのが多いせいでしょう。OM-2N/ ZuikoMacro50mm 1:2.0開放 Auto +0.7EV Kodak ProFoto XL100OM-2N/ ZuikoMacro50mm 1:2.0f2.8 Auto +1EV Kodak ProFoto XL10  続きを読む
Date: 2012-02-19 18:02 ID: 20705873

2076件中  121140件を表示) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード