話題の検索:
トラックバック・ピープル/ホビー/写真
オリンパスOM
(トラックバック数:2076、ID:07493) ( 07月01日 22時34分 更新)



OLYMPUS製の一眼レフカメラOMシリーズで撮った写真をエントリーしたらトラックバックしてください。OM以外のカメラにOMマウントのズイコーレンズを付けて撮った写真でもOKです。
トラックバック先URL: 

2076件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

空振り三振 [鞄の中身 から]
もう陽の光は春のそれなのに、気温は下がると騒いでいます。 それはそれで私には嬉しい限りなのですが、ちっとも雪が降らないこの辺りです。 統計的には低温傾向の日々を記録し、雪に見舞われた多くの他地方の方からは、お叱りを受けるのかも知れません。 でもそんな状況も私に限っていえば、まさに「蛙の面に小便」。 昨年、雪の恵みがあった時期も既に過ぎ‥その点では、結局今年も温暖だったと決めつけたくなる気分の前に、春の陽が織りなす影がのびています。OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f4 Auto +0.7  続きを読む
Date: 2012-02-17 20:42 ID: 20701903

思いがけず、“一日遅れ”で‥ [鞄の中身 から]
本日、OLYMPUSからご丁寧にも<E-M5>のカタログが送られてきました。 先だって大阪に出た折に立ち寄ったカメラ店では、<D800>などのカタログが既に入手可能でした。 これも真新しい様子で棚に置かれていたようです。 かつてはOLYMPUSのカタログは欠かさずコレクションしていたものですが、チンクシャみたいなタレントが幅をきかすようになってから、その気がなくなりストップしています。 今回の表紙はチンクシャとは無縁でしたが、別の意味で見る気もせず、そのままやり過ごしたばかりだったのです。OM-1  続きを読む
Date: 2012-02-15 20:40 ID: 20697342

Feeling at home... [鞄の中身 から]
今月に入ってからOMの出番が少し減っていたようです。 他のカメラに入っているフィルムを早く終らせようとしたことがその大きな原因です。 特にここのところは、それらのカメラが数台に及んでいましたから。 どんな折にも鞄の中には必ずいずれかのOMは入っていたのですが、鞄から取り出すことが極端に少なくなっておりました。 無意識の中にも、日頃のごく普通な写欲に基づくのとは些か違う「他所行き」というべく気分の中で撮影をしていたのかもしれません。 先週あたりから“デフォルト”状態の日が戻ってきたため、なんだかホ  続きを読む
Date: 2012-02-12 22:37 ID: 20691150

有耶無耶 [鞄の中身 から]
ようやく重い腰を上げて‥という感じですが、「ノンレフレックス」とは、なんとも受け入れられ難そうな呼称となったものです。 売上等の統計区分の便宜上というのが主理由だとか。 呼称を決めたのは、まぁいいとしても、これで「一眼」の使用が厳格化されるわけではなく、相変わらず誤解を生むやり方を野放しのままにするようなのはいただけないところです。OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f4 Auto +0.7EV Kodak ProFoto XL100OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f4 Auto  続きを読む
Date: 2012-02-10 21:07 ID: 20686482

妄想(妙案?) [鞄の中身 から]
弱り目のOLYMPUSに秋波を送る各企業(立場が逆だとする意見もありましょうが)について、日替わりで情報が飛び交っているようです。 協業などによって得るモノが失うモノを超えることなどないというのが私の考えです。 よしんば強い側が弱い側を利用することに帰結するだけかと。 ただ、FUJIが資本提携の候補に名乗りを上げた話から、以前ここで揶揄したのとは違う、しかし身勝手で無責任な妄想(妙案?)を展開してみました。OM-2N/ ZuikoMacro50mm 1:2.0f2.8 Auto +1EV Kodak  続きを読む
Date: 2012-02-01 19:55 ID: 20666455

短調(単調?) [鞄の中身 から]
ここのところすっきりしない日が続いています。 基本は薄曇りで、時折陽が差すという感じ。 今日なんて夕方前に雨が降りました。 恨めしそうに「本来雪にならないといけないのに」などといっているのは私くらいのものです。 写真を撮るのにも歓迎されない日とされます。 もちろん、私だって同じ思いを持っていますが、近頃、影の出にくいフラットな光の中でも敢えて撮ってみるようにしています。 メリハリがなく、全てが混じり合ってしまうようで色は輝かず‥そんな状態の中で、光と影に眼を奪われることなく、ただ自分が何を見て  続きを読む
Date: 2012-01-30 23:15 ID: 20662212

その名は、E-M1 !? [鞄の中身 から]
OMシリーズにおける赤、否、朱の入れ方は、ただでさえスマートで洗煉されたボディ全体を一層ピリッと締めるのに寄与しています。 色使い上の控え目なアクセントになりつつも実に効果的でもあります。 一方、肯定的な意見が多いリーク写真によるガチャポン像の赤い記には品のなさを覚えた私です。 「<OM-1>より<OM-4>風、そして<OM-5>の実現」などという噂は、恐らく<OM-4>のセルフタイマーやメモリー時のランプカバーに使われている赤に重ね合わせたのかも知れません。 全くの的外れでない感想かとは思いつつ  続きを読む
Date: 2012-01-28 12:47 ID: 20656722

取り越し苦労 [鞄の中身 から]
先だって酸化銀電池<SR44>のことについて触れました。 実のところ、今月の初め頃にはストックが尽きそうで慌てていたのです。 なんせこの電池を必要とするカメラが1ダース以上もあるのですから、ストックも相応になければ落ち着かなくなります。 私は「ストックのストック」が最低限必要な性質なのです。 大抵のカメラは<LR44>も使える仕様になっていますが、基本的に使いません。 明らかに寿命が違うからです。OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f4 Auto +1.3EV Kodak ProFoto  続きを読む
Date: 2012-01-27 19:43 ID: 20655161

フィルムを月に1本使うの会:11.11テーマ=チェンジ [鞄の中身 から]
「今回のお題には苦労した」なんて、このところ毎月同じようなことをいっていますが、実際、締切ギリギリまでゴソゴソしなければならない状態が続いているのです。 年頭にあたってというタイムリーな今回のお題も、変化をあまり好まない私には‥とブツブツいっている間に月も早下旬。 「特に意識せずに撮ったモノが使える」というのは性に合っていますが、「そのために撮ることを意識する」ようになるとどうもいけません。とまれ、なんとか、というこの一枚。 とある夜明前、ゴミ出しに階下まで降りた折のことです。 薄暗い空と灯りの色  続きを読む
Date: 2012-01-24 21:46 ID: 20648619

神をも畏れぬ [鞄の中身 から]
折しも受験シーズン。 受験といえば天神さん。 今日、菅原道真を祀る学問の神様として親しまれている天満宮は、しかし、もともとは祟り神の要素が強い天神信仰の拠点です。 非業の死を遂げた菅原道真は世人の同情を集め、そして死後に起こった様々な事件がその祟りによるものとして広く流布したため、天満大自在天神として崇められるようになったのはよく知られるところです。OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f2.8 Auto +1EV Kodak ProFoto XL100そんな菅原道真に私はOMを重ねています。  続きを読む
Date: 2012-01-23 20:38 ID: 20645966

万年厄 [鞄の中身 から]
昨日、今日あたりから厄除大祭が執り行われている神社が多いようです。 何事でも神社に参ってどうなるものではないと「信じて」います。 厄にしたって人生の曲がり角が誰にも一様に訪れるわけでもないし、その年だけで済む人ばかりでもないはずです。 そもそも毎年厄のような私なんて一体どうすればいいのでしょう。 ここいらがひねくれた私の突っ込み処になるわけです。 ただ、厄とは即ち確率の問題だと解釈しているので、心身に気をつける意義は相応にあるとは思っています。OM-2N/ Zuiko40mm 1:2.0f4 A  続きを読む
Date: 2012-01-18 19:58 ID: 20634334

鎮魂の日に [鞄の中身 から]
ご覧になっている方も多いでしょう。 m4/3規格の<OM-D>とやらのこと。 少し前からの噂がここ数日でかなり展開しているようです。 数年前に危惧したことが、どうやら現実になりそうな気がします。 やっぱりこの企業には消えて貰った方が良かったと。 もちろん、単なる噂の範疇だし、未だ見たわけでもありません。 でも、それだけで充分です。F/ Ai Nikkor 28mm 1:2.0f8 1/125 Kodak ProFoto XL100Dを付ければいいという安易な考え。 単なるコードネームなのかも  続きを読む
Date: 2012-01-17 21:22 ID: 20632190

貧乏性 [鞄の中身 から]
強弱の大きな光と影の在り方は好きですが、必要以上にドラマティックで、それに眼を向ける自身にあざとさすら感じてしまうことがあります。 そこはかとなく漏れ零れる光の先には微かな影、うっすらと繊細なトーンの影の元には緩やかな光、それらは強弱には乏しいけれど豊かさをたたえています。 猫なら、鳩なら‥ただ気持良く浴し、時には眠るのでしょう。 でも、愚かな私はそれらを「手で掬うように封じ込めたい」などとおかしなことを望んでは歩いています。OM-2N/ ZuikoMacro50mm 1:2.0f4 Auto  続きを読む
Date: 2012-01-16 07:26 ID: 20628572

DUEL 夕陽の‥ [鞄の中身 から]
前回の色の違いにはやはり驚かれた方が多かったようです フィルムを色々変えてみるともっと多様な傾向が窺えるでしょう。 より厳密な方法で試せば、ずっと正確なことも看て取れるはずです。 となると、機材とフィルムとのベストな組合せ、もしくは使用者の好みというものも見えてくるかと思います。 こうしたことは、まさに「急がば回れ」というべきであり、慎重に綿密に、そして几帳面にやっていけば、目的も得やすくなりましょう。 ただ、私にはそんな手堅さや根気がありません。 自己弁護のつもりはありませんが、決してテ  続きを読む
Date: 2012-01-13 19:37 ID: 20623501

DUEL 海辺編 [鞄の中身 から]
<Zuiko28mmF2>と<Nikkor28mmF2>での撮り較べ。 前回のNikkorの方が逆光に強そうだとした「予告編」、その本編も含めた5つの状況で、同対象をほぼ同時、同アングルで撮った結果をご覧いただこうというものです。 最初は夕刻前の海辺での比較です。 決闘だなんて題名を付けましたが、単なる虚仮威し‥決してテストのようなことをするつもりはなく(できようはずもない)、そんな興味もありません。 よって、いわずもがなでしょうが、厳密な結果としてではなく、ある種の傾向を見て愉しんでいただき  続きを読む
Date: 2012-01-12 07:12 ID: 20620236

Nikkorの場合‥ [鞄の中身 から]
一葉のプレゼント、どうもありがとうございます。 「この歳となっては誕生日なんてありがたくない」と衒う人も少なくないのは「老い」という現実を象徴するからでしょう。 ただ、「老い」は日々進んでいるのであり、ある日突然に‥というものとは違います。 また、若さを喪っていくことが「老い」だとしても、喪うばかりでないのはいうまでもありません。 祝ってくれる人の数は歳とともに増えることの一つかも知れません。 もちろん単純に加算ばかりできないにしても、素直に喜び感謝すべきだという意味でも、何時までも嬉しい日とし  続きを読む
Date: 2012-01-11 13:56 ID: 20618630

アタリとハズレ [鞄の中身 から]
ありがとうございます。 幾つになっても嬉しいものです。 カレンダーにおける今日という日は、この個人的なことが第一位であり、その次は「宵戎」となります。 ところが、朝からラジオでもうるさいのは「成人の日」。 私はただたんたんと「宵戎」とともに一つ歳を重ねたいのに。 「成人の日」は1月15日が固定であり、そのこと自体に意味と意義があったものです。 最早、こんなことを知らない人も少なくない世の中においては、自らの誕生日が実にマン悪く「ハズレ年」に当ってしまったと嘆くしかないのでしょうか。OM-1  続きを読む
Date: 2012-01-09 10:17 ID: 20614013

悴んだ‥ [鞄の中身 から]
昨年から‥かれこれ2ヶ月ほどフィルムが入ったままになっていた<Nikon F>を久しぶりに持ち出してみました。 別に、七草の日にカメラの方はよりコッテリしようとの意図があったわけではありません。 16時過ぎに出発し、少し長くなった日を感じながら1時間程度に及ぶ近所巡りとなりました。 残り10コマ分ほどだったフィルムは思いのほか早く撮り終えたのですが、「Nカメラ店」の入口ドアを開けた時には、手がかなり悴んでいるのを自覚していました。F/ Ai Nikkor 28mm 1:2.0f5.6 1/125 K  続きを読む
Date: 2012-01-08 08:32 ID: 20611731

久々に‥ [鞄の中身 から]
長らくカメラというモノをリードしてきたはずの日本から初めて「ちゃんとしたデジタルのカメラ」が登場した‥ ‥FUJIの<X-PRO1>の噂、及び画像を眼にして感じ入ったことです。 撮像素子や細かなスペックのことなどは、最早大同小異といってしまえると私は思っていますが、同時に発表された交換レンズの在り方に拍手喝采を惜しみません。 換算50mm相当の標準、同じく28mm相当の広角と85mm相当の中望遠マクロを、それぞれ明るく常識的な大きさの単焦点レンズで揃えてくるようです。 これらのいわゆる常用域のレン  続きを読む
Date: 2012-01-07 10:39 ID: 20609656

冬の空気 [鞄の中身 から]
部屋の外に出て南の煙突を眺め、次に北の六甲山の見え方をチェックするのが、毎朝起きて一番にすることです。 ところが、近頃はまず北を見てから南、となることが多いようです。 六甲山の何処かに少しでも積雪がないかを確かめるためです。 尤も、これは朝に限りません。 ラジオが「大阪では雪がチラついている」なんて報じれば、すぐさま外に出て見遣るのは山がある北の方です。 でも、そんな私の期待も虚しく、いつも平然たる姿のままでいる六甲山。 つくづく雪とは遠い存在であることを思い知るばかりです。 冬の空気はそれ  続きを読む
Date: 2012-01-06 20:05 ID: 20608598

2076件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード